金属製品の保護に酸洗いは不可欠!作業の手順や安全管理を正しく学ぼう!

酸洗いの詳細と実施するメリット

酸洗いは強酸性の薬剤で金属製品を洗浄する作業を指します。金属製品は長く使い続けているとサビや潤滑油などの汚れがこびり付き、品質が低下してしまいます。特に機械設備を保護している金属カバーは油脂や金属粉などの汚れが大量に付着するため、劣化が進みやすい傾向があります。劣化した金属製品はサビによる腐食で変形や破損などのトラブルが生じやすいので、品質を保つためにはこまめに洗浄を行って汚れを取り除くことが大切です。金属製品に付着した汚れは様々な成分が混在しているので普通の洗剤では完全に除去するのが難しいのが問題です。そのため、汚れをまるごと溶解して洗い流す酸洗いが適しています。酸洗いによる洗浄は薬剤の成分が皮膜を形成することから、金属製品を保護する効果も期待出来るのが大きなメリットです。

安全に洗浄作業を行うための注意点

酸洗いは薬剤によって汚れを溶解させて洗い流します。薬剤の成分が金属製品に万遍なく行き渡るので、ネジや連結部分などの細かい細工が施されている部分の汚れも残さず除去することが可能です。ブラシなどで擦る必要もないので傷や破損などの不具合が生じないのも酸洗いのメリットの一つですが、その一方で薬剤の成分が汚れに反応することで有害な蒸気が発生することがあります。酸洗いで生じた蒸気や廃液は人体に悪影響をもたらすので、作業現場の換気や排水を適切に行う他、マスクや手袋などの保護具を必ず使うのが事故を防ぐための工夫です。酸洗いを行った後の金属製品は表面に薬剤の成分が残っているので、素手で触らずに安全な場所に保管するのが事故を防ぐための重要なポイントになります。

酸洗いとは「酸処理」とも言われていて、酸を用いて金属加工時に洗うことを言います。油や錆の除去、不純物全体の除去などの効果があります。