費用対効果と利便性が優秀なLED照明やLED電球について

蛍光灯や白熱電球から、LEDへシフト

世の中全体で、蛍光灯や白熱電球からLED照明へのシフトが進んできました。LED照明が登場した当初は値段が高かったり、色の表現に制限があったり、応用し難い仕様があったりと、LED特有の課題が山積していました。技術革新によってデメリットは解消され、一般消費者でも購入しやすい物となり、実際に数多くの家庭で利用され始めています。身近な家電量販店やスーパーの電気製品の売り場にLED照明やLED電球は並んでいます。

従来の電球に比べて寿命がとても長いのが、最初のメリットです。長期間にわたり安心して使い続けられるのが特徴で、頻繁にトイレやお風呂の電球を取り換える必要がありません。年配の方や女性の方しかいないご家庭だと、電球の交換に一苦労するかもしれません。LED電球なら一度取り付けておけば、文字通り何年にもわたり、交換不要で安心して使い続けられます。お盆や年末年始の時など、息子さんや親せきの電気に詳しい方が実家に来た時、交換をお願いすれば充分です。寿命の良さに加え、消費電力の低さも魅力的です。月々の電気代がお得になりますので、家計にも優しいです。

旧型よりも紫外線放射の量が極小です

旧型の蛍光灯はごくごく微弱ながらも、いわゆる紫外線を発しています。大事な書籍やコレクションなどが白熱電球や蛍光灯で劣化する恐れがあり、恐る恐る電気を利用していた方々もいらっしゃるかもしれません。翻ってLED電球やLED照明であれば、有害な紫外線放射が極めて少なく、現実問題として心配する必要はありません。書斎やコレクションを収納する自室の照明にこそLEDは最適です。旧型に比べて虫を寄せ付けるリスクも低く、虫が苦手な方々にもオススメです。

LEDライトパネルとは、表示面が光っているポスターフレームのことをいいます。表示面を全体的ライトアップするので視認性が高く多くの人にアピールしやすい物になります。