コンプレックス解消できる?女性器整形のメリット・デメリット

女性器整形ってどういうこと?

女性器の大きさや形は人それぞれです。しかし、とてもデリケートな部分だけに人知れずコンプレックスを抱えてしまう部分でもあります。出産後の膣のゆるみや、女性器の大きさや包茎などをパートナーに指摘されて悩んでしまう女性も多いです。女性器整形は、大陰唇や小陰唇、処女膜や膣などに関する悩みが解消できる治療であり、美容整形外科などで施術を受けることができます。人知れず抱えるコンプレックスの解消に役立つのが女性器整形と言えます。

女性器整形のメリットって?

女性器整形の最大のメリットと言えばコンプレックスの解消です。女性器についての悩みは自分で解消することはできません。パートナーとの性行為に直結している部分といえるので女性器に関する悩みは自分自身の自信喪失にもつながってしまいます。また、女性器整形では、形やサイズの悩みだけでなく尿漏れや性器の臭い、黒ずみの解消などの様々なコンプレックスの解消が可能です。このことで、女性が自分自身に自信を持つことができ、パートナーとの関係改善にもつながっていくと言われています。

女性器整形のデメリットは?

一方、女性器整形のデメリットとしては、女性器というとてもデリケートな部分の手術なので決断に勇気がいるという点が挙げられます。美容整形は一般に広く受け入れられてきてはいますが、女性器の整形に関してはまだまだ受け入れが不十分です。周囲の理解を得るのも難しく、手術に健康保険が適応されないので費用が高額であることもデメリットと言えます。デリケートな部分の悩みである女性器整形は、女性医師が丁寧なカウンセリングの後に施術する病院も多いです。女性器のコンプレックスは自分に合った病院をよく探して解消しましょう。

女性器整形は、メスを使う方法だけでなく、レーザーをはじめとする専用の医療機器によって行われることもあり、予算や症状に合わせて手術の方法を選ぶことができます。