「CADっていったい何?知っておきたいCADの内容」

CADとは一体どういうものなのか!!

CADと聞いてもよくわからない人もいると思います。CADというのは、自動車や住宅、建築・服飾などの設計や製図を支援するシステムソフトです。製造業の現場でも幅広く使用されています。具体的に、CADがどういうものなのかと言うと、自動車やスマートフォン・冷蔵庫など身の回りにある多くの製品が全て図面を基に作られていて、CADは図面の設計・作図をするのに欠かせないものです。

また、建築用や建築設備用、配管用など特定の分野のものがあったり、分野を問わず幅広く活用できるような機能を備えているものもあります。

他にも、電気用・土木用・服飾デザイン用だったり、利用する分野ごとに様々な種類があり、専門的な機能が備わったものがあったりします。

CADを利用したときの利点ってあるの?

CADを導入した時の利点は数多くあります。まず、デジタル化による図面データの共有が出来ることです。

今までは紙の図面だったので、持ち運びに制限がありましたが、CADは誰でも確認することができるので、社外の会社にもデータを公開してプロジェクト業務などを効率よくすることができます。

手作業の時だと、消しゴムで図面の修正をしたりしないといけなかったのが、CADだとデジタルデータなので修正が簡単に出来るのです。

また、人が行う作業では、単純なミスが発生する時があると思います。しかし、CADはコンピューターの持っている寸法を記入したり、計算するので間違いが無くなります。

そして、最終的にコストの削減と製品の品質向上に繋がります。

まず、CADはパソコンを使って設計や製図をすることができるソフトのことです。電気CADはその中でも電気設計をすることに長けています。