フランチャイズでオーナーになろう!新規事業の始め方

フランチャイズなら未経験でもオーナーになれる

フランチャイズとは、フランチャイズ本部に加盟し、加盟金やロイヤリティを支払うことによって、商標権や商品を販売する権利を得て、事業に必要な様々な支援を受けながら、開業・事業を行う仕組みです。フランチャイズ本部が事業のノウハウを教えてくれるので、業界未経験でもオーナーになることができます。では、具体的には何から始めればいいのでしょうか?新規事業の始め方について説明します。

(1)フランチャイズの資料を取り寄せる

フランチャイズには様々な種類があります。気になる会社があったら、積極的に資料を取り寄せましょう。資料の中には、会社概要や事業内容、新規事業に必要な経費、運用のモデルプランなど、具体的な情報が記載されています。よく資料を読み込み、自分のイメージする事業と合致するかどうか確認しましょう。

(2)担当者と直接会って話をする

資料を読んだ後は、フランチャイズ本部の担当者に連絡をし、直接会って話す機会を得ましょう。資料ではわからないことや聞きたいことはこのときに確認します。また、本部の担当者にとっても、加盟希望者の人となりを知る機会になるので、しっかりのぞみましょう。

(3)加盟契約を結ぶ

加盟希望者とフランチャイズ本部の双方が新規事業に関して合意をすれば、加盟契約を結びます。フランチャイズで新規事業を始めるための第一段階はこれで完了です。この後は、店舗物件の取得や開業準備など、本部の支援を受けながら具体的な動きをしていくことになります。

フランチャイズでオーナーデビューしよう!

短期で新しい事業を始めたい!という方にはフランチャイズがぴったりです。開業まではもちろん、開業後も本部がバックアップしてくれるので、独自に開業する場合とは違った安定感があります。ぜひ自分に合ったフランチャイズを探して、オーナーデビューしましょう。

フランチャイズ募集は、オーナーとして新しくビジネスを始めようとする自営業者を対象としたものが多くあります。