薄毛治療で抜け毛が減らせる!!生えていない所にも生やせる治療!!

抜け毛が少なくなって毛量が増えたと感じる

髪の毛にはヘアサイクルがあり、全く生えていない状態から徐々に伸び初め、一定の長さになると自然に抜け落ちます。抜け落ちたら再び同じように生え始めて又一定の長さで抜け落ちます。頭髪の毛根の毛がすべて正常なヘアサイクルと保っていれば、毎日一定量の抜け毛があっても薄毛の状態にはなりません。しかしヘアサイクルに異常が発生して一定の長さになる前に抜けてしまうと、薄い部分が目立ち始めます。薄毛治療の中には、ヘアサイクルを正常化させる方法があります。効果としては、細くて短い状態で抜けていた髪の毛が少なくなり、元のように一定の長さになるまで抜けなくなります。ヘアサイクルが正常化してくると、徐々に毛量が増えたように感じてきます。

髪の毛が生えていないところに髪の毛が生える

髪の毛が正常な量あれば頭皮は見えません。髪の毛がたくさんあるので、頭皮を隠してしまうからです。しかし髪の毛の量が少なくなると、徐々に頭皮が見えてきます。太い毛が細い毛になっても頭皮が見えてくるときもありますが、生えている髪の毛の量が減っても頭皮が見えてきます。AGAとなると前頭部や後頭部などが薄毛の状態になり、少しずつ地肌の色が強くなるときがあります。薄毛治療を行うとどうなるかですが、毛が生えていないところに毛が生えてくるときがあります。休止状態の毛根に働きかけると、毛根が再び発毛しだして髪の毛を増やしてくれます。その他自毛を植毛して生えていないところに髪の毛を生えさせる方法もあります。全く毛がなかったところにも毛を生やせる治療があります。

agaの治療で使われる薬には、液体の塗布薬・服用タイプの錠剤に分かれていますが、塗布薬は1日2回・錠剤は1日1回決まった時間に使う事が推奨されています。