デリケートな悩みを解消!小陰唇の手術とは

小陰唇の肥大とは何か

デリケートゾーンの悩みは人には相談しにくいものですが、コンプレックスになっている人は多くいます。そんなコンプレックスを改善するためには、美容外科などで治療することをオススメします。

日常生活に支障をきたしてしまうデリケートな悩みとして挙げられるのが、小陰唇肥大です。小陰唇は成長とともに大きくなりますが、大きさには個人差があります。先天性で大きくなってしまうケース以外には、妊娠出産でホルモンバランスで肥大化したり、老化することで大陰唇が痩せることによって小さくなり、それと比較して小陰唇が大きく見えてしまうということがあります。

このような状態になると、汚れが溜まりやすくなったり、下着に擦れて痛みやすくなってしまう、排尿しにくいなどのトラブルの原因になってしまうため注意が必要です。

改善する手術の方法とは

手術は一般的には、メスを使って切除していく方法がとられます。また、クリニックによってはレーザーを使って切除するところもありますが、行っているクリニックは少ないのが現状です。

肥大した部分を切除することによって、左右の大きさをトト寝たり、色素沈着などのトラブルも改善することが可能となっています。また、垢などがたまりにくくなるため、衛生的で臭いなどの改善にもつながります。

ただし、デリケートな部分ですので傷口から雑菌が入って炎症を起こしてしまうなどのトラブルが起こる可能性も考えられるため、しっかりアフターケアすることが重要です。

ダウンタイムなどはあまりなく入院する必要もありませんが、清潔には十分に気をつける必要のある手術となっています。

小陰唇 手術で性器の形を改善する事が可能ですが、男性医師の診療が恥ずかしい場合はレディースクリニックを訪れるのがおすすめです。